*本コラムはDr.Malte Hozzel著「Essays on Holistic Aromatherapy」より抜粋した文章を和訳したものです。

フランキンセンス
- 植物学者マルテ・ホッツェル博士のノートから -

あなたの身体と心を照らすフランキンセンス

フランキンセンスには、古くから聖なるもの、瞑想の精神が宿っています。フランキンセンスの樹脂とオイルは、燻蒸と浄化を容易に連想させるものです。フランキンセンスが作り出す特別なマインドセットは、天に向かって立ち昇る煙のように「垂直」です。垂直とは、世俗的な空気や事柄、それに伴う争いや緊張から離れて魂の深みへと戻っていくことを意味します。

フランキンセンスには、神経を過度の緊張から解放して、内なる自己との根本的、超越的統一に集中できるようにすることで、人間の意識を「別の」レベルまで高める力があるのです。

古くから使われてきたスピリチュアルな物質

古代エジプトでは、フランキンセンスは「オリバナム」とも呼ばれ、「神聖な状態に導く物質」と意味付けられていました。約3330年前に亡くなったエジプト王ツタンカーメンの墓からもフランキンセンスが発見されています。当時は、魂がより高い領域に戻るのを助けるものとして使われていました。新約聖書では、東方から来た3人のマギが、生まれたばかりのイエス・キリストへの贈り物の中に乳香(フランキンセンス)を携えていたことが記されています。

フランキンセンスの芳香樹脂は、ボスウェリア属の樹木、特にBoswellia sacraBoswellia carterii(ヒノキ科)から採取されます。樹脂の " "と呼ばれる部分(涙のような形をしている)を得るために木の皮を削ると、黄色や白色の樹脂がにじみ出し、固まります。

樹脂は樹齢810年以上の木から採取することができます。1年に23回採取できますが、最後の1回が最も良質なものが採れるとされています。1本の木からは年間1020キロの樹脂が収穫できますが、3年経った木は何年間か休養させる必要があります。

フランキンセンスは、その香りのよさだけでなく、癒しの効果についても、昔から高く評価されてきました。

 

フランキンセンスの治癒効果と強力な抗炎症作用

フランキンセンスは古くから慢性炎症、特にリウマチ性疾患に対して使用されてきました。多発性関節炎の患者の6070%の痛みが軽減し、関節の腫れやこわばりが減少したという研究結果があります。これは、痛みが感染性の炎症メディエーター、いわゆるプロスタグランジンによって放出され、実行されているという事実によって説明することができます。アロパシー医学では、抗リウマチ薬やコルチゾンによってプロスタグランジン、および、それによって引き起こされる痛みと戦います。フランキンセンスはこれらと同じ能力を持ちながら、望ましくない副作用を引き起こすことがないのです。大学や病院での臨床研究によって、フランキンセンスがもたらすポジティブな反応が証明されており、近い将来、フランキンセンスが、少なくとも部分的には、現代のアロパシー薬に取って代わることができると期待されています。

フランキンセンスの美しい癒しの樹脂は、あらゆる種類の炎症、特に関節の問題に有効ですが、尿路や結腸など、他のあらゆる種類の炎症にも使用できます。

カタル、喘息、気管支炎、咳、インフルエンザ、あるいは気管支喘息発作の場合、呼吸頻度を遅らせ、呼吸量を増加させるこの精油は、呼吸器系に強い影響を及ぼします。

フランキンセンスは、呼吸を深くし、活性化させます。これは瞑想でも自然に起こる現象で、フランキンセンスが自己認識への自然なアプローチと結びついていることを示しています。

 

冬のレメディー 

フランキンセンスのエッセンシャルオイルを吸入すると、咳や風邪のときに粘液を溶かすことができます。冬の病気を予防するためにも、とても良い精油です。フランキンセンスを23滴、首筋に塗ったり、室内に拡散させたりするだけで、ウイルスに対するバリアが形成されます。

 

皮膚の保護剤 

肌の若返り、シワの予防、傷跡の軽減に効果があるため、化粧品業界はフランキンセンスを配合した製品を販売しています。また、ニキビや、小さなものから皮膚がんまで多くの皮膚疾患にも非常に効果的です。

 

ホリスティックなスピリチュアルヒーラー 

宗教的、儀式的な精油として用いられているように、フランキンセンスは人間の「感情的な意識」のバランスをとります。疲れを感じさせず、思考を明晰にするサポートをしてくれます。

フランキンセンスには神経系を落ち着かせる効果があるので、うつ病に良い影響を与え、不安や神経の緊張を和らげます。

 

ガンの治療 

フランキンセンスの最も顕著な特徴のひとつは、ガンに対する効果です。いわゆる「ボスウェリア酸」の存在により、腫瘍やガンに明確な効果をもたらすことが科学的に証明されています。しかし、樹脂の状態ではこの酸の濃度が高いにもかかわらず、蒸留されたエッセンシャルオイルになると、この酸濃度が非常に低くなってしまうのです。エッセンシャルオイル、ハイドロソル、アルコールまたはCO2抽出など、さまざまなエキスを使ったフランキンセンスの全体的な抗ガン作用について結論づけるのは時期尚早かもしれません。

しかし、フランキンセンスが顕著な抗腫瘍効果を発揮することは、多くの証言によって示されています。フランキンセンスは、ガン治療のための自然な、そして優れたアプローチとなるはずです。また、蒸留の際、一般的に芳香族酸は水に吸収され、エッセンシャルオイルにはほとんど含まれないため、より多くのボスウェリア酸を含むと思われるハイドロソルも活用するべきでしょう。

西洋の典型的な「分離的アプローチ」は、常に有効成分(ここではボスウェリア酸)だけを見るもので、フランキンセンスのような薬用植物エキスのすべての化合物の相乗効果や全体的な効果を正しく評価するものではありません。フランキンセンスオイルに含まれる何十種類もの生化学的化合物をトータルで考えなければなりません。これらの化合物を別々に調べ、一点集中型の分析的研究でその効果を発見したとしても、それらすべての化合物の全体的な特性について結論づけることはできないでしょう。

また、生物化学的な話になりますが、例えばフランキンセンスのオイルにはモノテルペン類という成分が非常に多く含まれています。ガンに関しては、これらの作用についても、もしかしたら研究されているかもしれません。

また、オイルの生物化学的組成全体において「影の英雄」として働くあらゆる種類の物質(ボスウェリア酸を含む)の「振動の痕跡」(すごい、大胆ですね!)がとにかくあると言うことができます。つまり、古くから伝えられているフランキンセンスの「神聖」な性質は、現代の科学的アプローチや、表面的な物質レベルを超えた現象なのです。

フランキンセンスをパラメディカルに理解しようとするならば、「パラ」(サンスクリット語で「超える」という意味)、つまり単なる生物化学的な分析を超えたものとなるはずです。フランキンセンスは、私たちの内なる生命の流れ(プラーナまたは氣)に再びつながる手助けをしてくれるという、よりホリスティックな理解へと導かれるでしょう。フランキンセンスによって、失われた内なる調和を取り戻すことで、何兆個もの細胞を持つ身体が新しい均衡を見出すのです。

 

神聖な味方

フランキンセンスは、さまざまな側面から私たちを助けてくれる、真の神聖な味方です。スピリチュアルな面では、物質的な誘惑から人間を守り、意識を高揚させ、潜在意識のストレスを解消します。このオイルがスピリチュアルな場面で多用されているのは理にかなっており、なぜフランキンセンスが昔も今も、儀式のためにこれほどまでに使われているのかという問いへの答えがここにあります。

古代の人々はフランキンセンスを "神聖な状態に導く物質 "と見なし、肉体的、心理的な多くのブロックを解消して、人間の真の精神的自己、魂やアートマン(意識の最深部にある個の根源)が自由に輝けるようにすると考えていました。

 

その驚くべき特性を示す体験談の一部

「その晩、私は直感を信じて、ジャスミン、フランキンセンス、パロサントを選びました。それぞれのオイルを4滴ずつ、大さじ2杯の生のリンゴ酢と大さじ2杯のライム果汁に混ぜました。私はお風呂に浸かり、深呼吸をして、オイルを体の内側から作用させました。3つのオイルの香りは素晴らしく、その癒しの力が私を優しく包み込んでいるのを感じました。その夜はぐっすり眠れ、翌朝には胸がすっきりして、咳も治まっていました!」   thearomablog.com

 

「私の友人は、ミネソタ州ロチェスターのメイヨークリニックで腫瘍の治療を受けましたが、彼女の主治医は、静脈内化学療法中にフランキンセンス精油を局所的に使用しても問題ないと言っていました。フランキンセンスを使用しなかった最初のラウンドでは、腫瘍が体全体に増殖し続け、彼女は非常に気分が悪くなり、体はほとんど機能しなくなりました。2回目の化学療法では、フランキンセンスのエッセンシャルオイルを足と腫瘍があると思われる場所に局所的に使用しました。彼女はとても気分が良くなり、副作用もほとんどありませんでした。5週間後、首から下の腫瘍はすべて消え、脳の腫瘍は30%縮小しました。私は、化学療法を受けずに済む方法を知っているのです。」  roberttisserand.com

「鼻に扁平上皮ガン、頬にバジル細胞ガンができました。どちらも皮膚ガンです。フランキンセンス、ミルラ、ラベンダーのオイルをそれらの部位に重ねづけするようにしたら、完全にきれいになりました。

また、腰痛で腰椎椎間板ヘルニアになり、3カ月間寝たきりの状態でしたが、オレガノ、コパイバ、カブルバのエッセンシャルオイル(キャリアオイルで希釈したもの)をカプセルに入れて摂取することで、耐え難い痛みが完全になくなりました。エッセンシャルオイルを使い始めて14年になりますが、一度使い始めるとやめられません。どんな病気にも効くなんて、すごいですよね。」  likemindedmamas.com

 

「フランキンセンスオイルを使い始めて、もう1カ月以上になります。私の娘は乳児ですが、原因不明の発作を起こしています。徹夜で読んで、せめて試してみようと思い、注文しました。薬を飲むと少し眠くなったり不機嫌になったりするのですが、初めてオイルをつけたその日はすぐにいつもの娘に戻りました。私は12回、足と脳幹部に1滴ずつ塗っています。それ以来、発作が出たのは一度だけで、通常20分以上続く他の発作に比べると、とても軽いものでした。」  epilepsyfoundation.ning.com

 

「私たちの息子は、18カ月のときに初めて部分複合発作を起こしました。

3歳半になる頃には、3種類の抗けいれん薬を服用していましたが、それでも毎日発作を起こしていました。発作を止めることはできず、発作と同じくらいひどい薬の副作用もありました。そんな時に、友人からフランキンセンスを試したことがあるかどうか尋ねられ、奇妙に聞こえるかもしれませんが、試してみることにしました。8カ月以上前のことです。フランキンセンスを12回、首の前面と背面に23滴ずつ塗りました。結果、初日から発作が起きなくなりました。その後7カ月かけて、3種類の抗けいれん薬をすべてやめました。現在では、1カ月間発作を起こすことなく、オイルのみで無投薬で過ごしています。フランキンセンスオイルは私たちの息子に人生を取り戻してくれたのです。」   epilepsyfoundation.ning.com

「エミリーの息子は、馬に蹴られて顔と顎に深刻な損傷がありました。彼の顎はワイヤーで固定されていました。フランキンセンスと一緒にパロサントを136回顎に塗ったところ、医師が予測した3カ月ではなく、3週間でワイヤーが外れました-感染もありませんでした。」  thejoyofessentialoils.com